PHYSICLO©は米国PHYSICLO INC.の登録商標です | 輸入販売代理店 株式会社ヒューマンワークス

はくトレーニングマシン PHYSICLO

着用時のトレーニング効果を高める世界初のコンプレッションタイツそれが、PHYSICLO(フィジクロ)です。

タイツを着用する事により自然な抵抗が加わり、トレーニング時間を短縮する事ができます。

例えばPHYSICLOを着用して30分のランニングを行った場合、40分相当の運動効果になります。

フィットネスや、あらゆるスポーツのトレーニング効果を引き出す、タイヤ引きや重りを身に着けるよりもはるかにシンプルなトレーニングギアです。

はくトレーニングマシン

筋肉活動量増加

主要な筋肉群の活動量123%

消費カロリー増加

消費カロリー114%、心拍数109%

運動時間短縮

30分の運動で通常時の40分相当

フォームを崩さない自然な負荷

特許技術のレジスタンステクノロジーがフォームに影響を及ぼすことなく身体に自然な負荷を加えます。

オリンピックメダリストとニューヨーク大学の医師や医学生のグループによって開発された有効性と安全性を兼ね備えたPHYSICLOは、フィットネスはもちろんアスリートのハードなトレーニングでもより良い成果をもたらします。

タイツの構造
負荷の度合い

4.5KGの高負荷

前後左右の脚の動きに合わせて最大4.5Kgの負荷を加えます。動きが大きくなればなるほど、生じる抵抗が大きくなり、効果も高まります。

ターゲットとする筋肉

主要筋肉群の活動をサポート

大腿四頭筋、ハムストリング、お尻の筋肉、内転筋、股関節屈筋など、腰と上脚の重要な筋肉群に対して抵抗が加わり、活動量を増加させ鍛えます。

効果測定

我々はアスリート協力のもと科学的な測定を何度も行いその有効性を確かめてきました。

筋肉活動量

被験者たちは目標とする筋肉群の上に電極をつけ、時速11kmでトレッドミルを走った。PHYSICLOを着用すると、膝腱と大腿四頭筋における筋肉の活動が平均23%増となった。

カロリー消費量

被験者たちは体力の限界まで、スピード&傾斜を増してトレッドミルの上を走った。PHYSICLOを着用した場合、心拍数は平均9%増で、カロリー消費は平均14%増だった。

アスリート・メディアから評価

Sirena Alise

「道具を使わずに難易度を上げるには、PHYSICLOが一番。」と彼女は言います。

道具を使うことでフォームが崩れることだけは避けたいと誰しも思うところですが、PHYSICLOはフォームに影響することなく、最大4.5kgの抵抗を加える事ができます。

Sirena Alise

女子ハードルで2016年オリンピックの代表候補となり、2015年には全米陸上競技選手権大会で準決勝に進出。

Sirena Aliseインタビュー

Garrett Klugh

Garrett Klugh

USAボート オリンピック代表

Tim Morehouse

Tim Morehouse

USAフェンシング 北京オリンピック銀メダリスト

Erin Jones

Erin Jones

USAトライアスロン

Jess Davis

Jess Davis

USA近代五種競技

Greg Billington

Greg Billington

USA Olympic Team Triathlon

Amanda Foland

Amanda Foland

PT, Sports Performance Nutrition Specialist

Gabe Barahona

Gabe Barahona

NFL Regional Combine Coordinator

Kris Kornegay-Gober

Kris Kornegay-Gober

Pro Track Athlete High Jump

メディアレビュー