PHYSICLO©は米国PHYSICLO INC.の登録商標です | 輸入販売代理店 株式会社ヒューマンワークス

The Doctorsでの公開テスト

PHYSICLO(フィジクロ) > エビデンス > The Doctorsでの公開テスト

テレビ番組での公開テストの結果

エミー賞を受賞したトークショー The DoctorsのプロディーサーからEメールを受け取りました。彼らはPHYSICLOがより多くのカロリーを消費するという我々の主張をテストしたいと言いました。

番組内で被験者のテイラーとスーザンは通常のコンプレッションタイツとPHYSICLOでそれぞれ1マイル(約1.6キロ)を走行しました。

結果、テイラーは通常のコンプレッションタイツで116キロカロリー、PHYSICLOをはいた場合162キロカロリーを消費し41%の増加でした。

スーザンはコンプレッションタイツで54キロカロリー、PHYSICLOで96キロカロリーを消費し78%の増加でした。

私たちのオフィシャルなテストではカロリー消費は14%増加にとどまっていましたが、今回の結果はそれをはるかにしのぐ有効なものとなりました。2人の被験者だけでは科学的根拠を示す正確なデータとはいえませんが、PHYSICLOがトレーニングにおいて有効性を示す第三者による検証結果になりました。

PHYSICLOを着用する事と、傾斜を変えたりスピードを上げたりする事の違いは何か

PHYSICLOを着用することと、しないことでは大きな違いが2つあります。

1つ目は活動する筋肉が異なります。PHYSICLOは関節部に余計なストレスをかけることなく、脚の筋肉に抵抗を加えるよう設計されています。

2つ目は精神的な側面です。PHYSICLO着用者は加わった負荷に徐々に適応し、数分後には着用していることを忘れるようになります。つまり、普段のペース、走行距離を走ったとしてもそれまで以上の成果を得られるようになります。