PHYSICLO©は米国PHYSICLO INC.の登録商標です | 輸入販売代理店 株式会社ヒューマンワークス

よくあるご質問

PHYSICLO(フィジクロ) > よくあるご質問

サイズについて

適応サイズは?

PHYSICLOは、少し小さめに作られています。ぴっちりした複数の層から成っているため、初めて着用した時にはきつすぎると思う人もいるでしょう。

サイズ表を参考にするようお勧めいたします。通常のトレーニングタイツよりきついと感じても、それはちょうどよいということなのです。

>>サイズ表

着用するときつい、サイズが小さすぎるのですか?

恐らくお客様にとって適切なサイズなのですが、抵抗バンドをめぐらせたタイツの着用に慣れていないと思います。これはよくある質問です。

まず、タイツをひざまで上げ、次に体をくねらせながら腰まで上げます。不自然なシワができたり、着心地の悪さを感じたら、タイツを脱いで再び着用――2度目は最初よりフィットするはずです!

>>着用方法

着圧タイツとPHYSICLOの違い

PHYSICLOは他の着圧タイツとどのように違うのでしょうか?

通常の着圧タイツと違い、抵抗力を生むテクノロジーをシームレスで衣類に導入した初の抵抗タイツです。

2本の弾性レイヤーを逆方向に縫い目に組み込んであるため、下半身のあらゆる動きに対する筋肉群の働きに負荷をかけ、トレーニングの結果が最大限に活きるよう科学的にデザインされています。

PHYSICLOでトレーニングするメリットは?

PHYSICLOを着用すると、動きに対してタイツが加える余分な抵抗力に対抗して体は普段よりハードに動きます。その結果、より強く、より適切な体に、より速くなれるのです。

  • カロリー消費14%増
  • 筋肉の活動23%増
  • より少ない時間で成果を達成

あなたもPHYSICLOのレジスタンステクノロジーに触れて、さらに多くの効果を知ることができるでしょう。

おススメのトレーニング方法

レジスタンスタイツ使用に適した活動とは?

ランニングやヨガ、クロス・トレーニング(交差訓練)、スピニング(インドア・バイク・トレーニング)など低レベルの運動を要するフィットネスのどれであっても、PHYSICLOでのトレーニングは、エクササイズのレベルを上げるのをサポートします。

ランニング用のタイツとして使用すれば、次の試合で自己ベストをたたき出せるよう仕向けてくれます。次回の5k、10k、ハーフマラソン、フルマラソンに向けてトレーニングする間に、走りのスケジュールに合わせてPHYSICLOを着用するだけで効率がアップ。レース当日に最高のパフォーマンスが発揮されます。

ジムでトレーニングタイツとして使用すれば、レッグデイ(脚を集中的に鍛える日)に、筋肉群をさらに鍛え、有酸素運動のセッションタイムを削減できます。ランジ、スクワット、ボックスジャンプや、他の有酸素運動に、PHYSICLOは理想的です。

トレーニング中により疲労感を感じますか?

はい、基本的にPHYSICLOはよりハードに体を動かすことになるため、通常よりも早く疲れます。でもちょっと待ってください!たいていの人は、抵抗力を実際に感じるのは最初の15~20分だけですから、慣れてくれば抵抗感はなくなるはずです。

長時間トレーニングに使用しても問題ないですか?

たしかに長時間のトレーニングは可能でしょう。しかし、長期間続けていくことが肝心ですので、長時間トレーニングせずに短い時間で継続的により良い成果をあげてみることをお勧めします。

ソファに座っているときも着用すれば、カロリーを消費できますか?

PHYSICLOは、脚の動きに合わせて抵抗が生じますので、何もしないのであれば効果は得られません。

学校や職場で着用してもカロリーを消化できますか?

もちろんです。PHYSICLOは何をしてもより良い効果が得られます。とはいえデスクに向かって座っているのでは大した効果は得られませんが、PHYSICLOを着用して通勤や通学をするだけでもさらにカロリーを消化できるでしょう。

レースや試合の最中に着用できますか?

お勧めできません。PHYSICLOは動きに抵抗力を加えることを忘れないでください。トレーニングには最適ですが、危険ですのでレースや試合時は着用しないで下さい。

商品のお手入れ

PHYSICLOをどのように洗ったらいいのでしょうか?

洗濯機洗い。水温30度以下。色物は同系のものと一緒に洗濯してください。

  • 漂白禁止
  • 柔軟剤禁止
  • 低温乾燥